美容のために摂取しておきたい栄養素の効果・多く含まれている食品

美容のために摂取しておきたい栄養素の効果・多く含まれている食品

美容のために摂取しておきたい栄養素の効果・多く含まれている食品をまとめました。

 

すっぽん小町ならコラーゲンをたくさん摂取することができます。

 

人間が生きていくうえで必要なミネラル

 

ミネラルと聞くと清涼飲料水などの飲み物を思い浮べる方も多いのではないでしょうか?

 

なんだかすごく体の中をキレイに循環してくれる成分という感じがますよね。

 

ミネラルとは平たく言えば元素の1つ。私たちの体は炭素、水素、酸素、窒素の4元素で9割以上が形作られていますが。残りの数パーセントの元素を総称して「ミネラル(無機質)」と呼ぶのです。

 

ミネラル自体は100種類以上存在していますが、人間が生きていく上で必要なミネラルはおよそ16種類。これらは「必須ミネラル」と呼ばれ、皆さまご存知の「カルシウム」や「鉄分」もミネラルの1種なのです。カルシウムといえば、乳製品をまっさきに思いうかべる方も多いかと思いますが、煮干しやワカメなどの海藻類に多く含まれていますので積極的に摂取しましょう。

 

また鉄分は、レバーや赤身肉、ほうれん草などが栄養素としては広く知られていますね。ミネラルの働きとしては骨や歯、血液、臓器など人間をかたちづくるもの大部分に作用し正常に機能させる役割を果たしてくれています。
ミネラルを摂取しやすい体質でいるためにも体内環境を整えることも大切です。

 

美容成分の定番:コラーゲン・ヒアルロン酸・プラセンタ

 

・美容に関する商品とはきっても切り離せない上記の成分。基礎化粧品や美容ドリンクには大体含まれていますね。

 

コラーゲンとは一言で言えばタンパク室の1種です。細胞と細胞を結ぶ役割を担います。サプリメントなどで外から摂取するイメージが高いコラーゲンですがもともと体内にありその成分の約半分ほどが皮膚に含まれています。食品として有名なのはフカヒレやすっぽんではありますが気軽に食べれるものでもないので、一般的なものとしては鶏の手羽先や、モツ・レバーなどに多く含まれています。

 

ヒアルロン酸ももともと体内に存在し高い保水力を持っています。

 

コラーゲンと同様、鶏手羽先などの動物性タンパク質に含まれ。
野菜においてはオクラや納豆などのネバネバした食品にも含まれています。

 

・プラセンタ=胎盤という意味があり、お母さんと赤ちゃんをつなぐ大切な器官です。
人間以外の哺乳類は、プラセンタの栄養価が非常に高いため出産後、胎盤を食べるそうです。

 

・シコンエキス:最近話題の成分です。

 

ムラサキ草の根→紫根(シコン)です。

 

古くからヤケドやニキビ跡への対策に使われてきました。
自然界のものなので安心感がありますね。

 

唯一デメリットとしては肝毒性があるのですが口に入れなければ問題ありません。

 

・葉酸:妊娠経験がある方には聞きなれた成分かと思います。

 

サプリメントもたくさん出ていますね。ホウレンソウの葉から発見されたため葉酸と言うそうです。
ビタミンの一種でお腹の赤ちゃんが障害や病気になるリスクを軽減してくれることでも知られている成分です。

 

・L-システイン:と言えばシミに有効な成分というイメージが非常に高いのでは?

 

アミノ酸の一種でサプリメントでの摂取が有効のようです。
ビタミンCと同時摂取することでメラニンの発生を抑えシミやニキビ跡を薄くしてくれる効果があります。

 

・パントテン酸カルシウム:あまり聞きなれない成分ですがパントテン酸というビタミンB群の一つとカルシウムが結合したものです。
アトピー体質の方など、効果が期待されています。

 

・ポリフェノール:ポリフェノールといえばチョコレートやワインあたりを思い浮かべますよね。

 

緑茶などにも含まれています。効果としては疲労回復やストレスを抑えたり、脂肪を燃やす働き。

 

動脈硬化や発がん性を抑えるなど医療的な面でも効果を発揮しています。
ポリフェノールと一口に言っても実に数百種類が存在し、大豆に含まれることで有名なイソフラボンなどもポリフェノールのひとつなのです。